特殊清掃の業者の正しい選び方について


h3>特殊清掃の業者の正しい選び方について

特殊清掃を扱う業者にはさまざまなものがあります。
しかし、その仕事内容から悪用するようなことはあまり考えられませんが、正しく選ぶとすれば適正な料金かどうかというところに注目する必要があります。

特殊清掃と言う仕事の内容からして、生と死と、常に向き合っているような人がかかわっていることがわかるので、それを悪用するとすれば料金のぼったくりや追加料金など、金銭についての部分です。
それを考えると通常ではあまり身近にない特殊清掃のことを詳しく知っている人はあまりいませんから、高額な料金を取りやすいともいえます。

葬儀社が特殊清掃業務も行っているケースや、特殊清掃業務だけを行っている業者など、会社の形態によっては料金は変化しますが、それでも相場としては1LDKで70万円程度、2LDKで100万円から150万円程度の相場があります。
これは都心に近いほど高額になる傾向があり、エリアによっては若干の差があることも把握しておくとよいです。

この料金相場をもとにして、多少の金額の上下はあっても実績なども併せてチェックすると良いです。
実際に警察との連携ができているような業者であれば、相当キャリアを積んでいることが考えられるので、料金を詳しく調べると同時にチェックしましょう。

京都の特殊清掃業者を比較するならこちらのサイトが便利!

プラスアルファでチェックしておきたいこと

特殊清掃業務はやはり臭いの除去や部屋のリフォームに至るまで手掛けることがあります。
遺体から発する臭いはなかなか取れないことが多く、専用の洗剤を使用します。
こうした業務上の特徴はHPでもチェックできますから、必ず見ておきます。

また遺体の状態が腐敗していて体液が床を突き抜けてしみ込んでいるときはリフォームが必要になります。
いわゆる、現状回復です。
見積もりの時点でこの原状回復を必要以上にすすめてくるような業者は悪質だと判断してよいです。

料金のほかにも対応や使用する薬剤についてはチェックしておいたほうが良いです。