舞洲工場にごみの持込みはできるか


舞洲工場にごみの持込みはできるか

舞洲工場は大阪市のごみ処理場で主に破砕設備設置として知られています。
見た目はごみ処理場のような汚い印象はなく、カラフルにペイントされていて周辺の景観を損なうようなこともありません。

ほかのごみ処理場も含めて大阪市では、大阪市内にお住まいの方や大阪市内の事業者に対して、自分で処理施設にごみを持ち込むことができるように配慮しています。
このごみの持ち込みに関しては、10キロごとに90円という格安で利用ができ、この制度を利用するためには予約が必要になります。

予約の仕方は、ごみが発生したエリアのごみ処理場に持ち込むことが原則となっていて、電話予約が必要になります。
その中でもごみの最大の辺が1メートルを超えるものについては破砕処理が必要になるので、そのときには舞洲工場に問い合わせる必要があります。

大きなごみの場合だけ破砕処理が必要となるので、このときばかりは舞洲工場への問い合わせや確認が必要となります。
時期によっては予約や問い合わせが混み合って、希望日に処理ができないこともあります。
そのためごみの持ち込みがある場合は、できるだけ早めに予約をしておくことがおすすめで、できるだけ時間にも余裕をもって持ち込む必要があります。

予約の仕方について

ごみの持ち込みに関する予約はごみが発生したエリアのごみ処理場で、大型ごみだけは舞洲工場に問い合わせる必要がありますが、基本的には平日営業時間内に電話連絡になります。
事業系ごみに関しては週のうち2日だけ対応などの特殊な例もあるので、時間や曜日に間違いがないようにします。

家庭のごみの持ち込みも同じように受付を行って持ち込みます。
時間や曜日が決められているので、それにもれなく対応するようにします。

家庭系のごみでも事業系のごみでも10キロ90円で処理してもらえるので、引っ越しなどで大量のごみが発生して、処理場まで運べるときは持ち込みの方が安くなることがあります。

ただ、わざわざ舞洲までもっていくのは面倒ですよね?

そんな方は、大阪のごみ屋敷片付け業者に依頼するようにして下さい。
こちらのサイトで大阪のごみ屋敷片付け業者が紹介されています

すぐに回収しにきてくれるので非常に便利です。