遺品整理業者でよくあるトラブルとは


遺品整理業者でよくあるトラブルについて

遺品整理業者を依頼して遺品整理をしてもらうときに、起こりやすいトラブルといえば料金に関することが多くあります。
最初は無料見積もりを出してもらって、2~3社の中から安いところを選んだつもりでも、いざ当日作業をしてもらったら、現場に入ったらこうだった、ああだったなどと見積もりのときにはわからなかった現状があるなどのようないいわけで追加料金が発生することがあります。

その他では、故人の遺品を取り分けて置いたのに、不用品として勝手に処分されたなどのトラブルも多くあります。
遺族にとっては遺品整理をすることは気持ちの整理でもあるので、業者が入る前に必ず遺品を取り分けておくようにするものですが、それすらも不用品として処分されてしまったのでは本当に残念な気持ちになります。

こうしたことは取返しがつかないことなので遺品整理業者としても絶対にないように気を付けているはずですが、なかなかトラブルは無くならないです。

ネットなどできちんと料金などを記載してるような業者を選ぶようにしましょう!
大阪の遺品整理に即日対応が可能な会社ランキングサイトはこちら

もしも遺品整理をする部屋が賃貸住宅だった場合、大抵は早く退去するように言われてしまいます。
しかも早く現状回復をして出て行ってほしいというお話なるので、特殊清掃なども必要になることがあります。
そういったときは大家さんとの間でトラブルになることがあります。

遺品整理業者はトラブル回避のために立ち会うようにすると良い

遺品整理業者に依頼するときは、見積もりの段階から立ち合いを行い、必ず行動を共にするようにします。
そしていくつかの業者を比較検討するときもすべてに立ち会って、それぞれの業者の違いなどをメモしておくと良いです。

見積もりの段階でチェックしていなかった項目を当日になって追加料金でという内容のトラブルにならないためには、やはり見積もり時の態度やなにをどこまで見ているかが大事になりますから、見張っているといい方が悪いですが、チェックを入れておくと良いといえます。